4月、5月生まれのお得な点

早生まれとは、1月1日~4月1日までの生まれの人のことを言います。遅生まれとはそれ以外の期間、4月2日~12月31日までに生まれた人たちのことです。

【4月から新学年が始まる今の日本の学校制度】

4月から新学年が始まる日本の学校制度があるから、4・5月生まれはいろいろと有利だと思われている面があり、早生まれの人たちは不利と言われていますが、未だに同じような流れを引き継いでいるのでしょうか。

【幼少期の場合、数カ月でかなり発達する】

幼少期はほんの数カ月でかなり発達するということについて考える必要があります。同じ学年の友達より数か月でも早く生まれることによって、いつも出来る子というイメージのまま子供さんは成長出来るメリットがあります。

他の子供さんと比較して、あきらかに先生に褒められるシーンが多いというのは実際に正解なのです。同じ学年に、先輩・後輩が存在してしまっているようなものなのです。

自分自身で出来るなという自覚持つことができれば、生涯子供さんは、優等生気どりでスムーズに成長出来るかもしれません。

【プロスポーツにおいては4・5月生まれが多い】

他の誕生日の子供たちよりも4・5月生まれが優位に立つということは、 プロスポーツにおいても言えることです。それは、子供さんの頃に既に理由があると言われています。やっぱり、友達よりも運動発達が早いせいであり、出来る自覚をもちやすく、他の子供さんよりも試合出場の機会が多くなるケースも多いと言います。

スポーツの面でも、4・5月生まれの子供さんが得する面が多く存在しているようです。実際に数字的には、そのような結果を見ることができますが、スポーツも、勉強もごくごく個人的な問題なので、本人が頑張れば、いくらでもトップに立つことなんて不可能ではありません。

自分は、1月生まれだということだけで自分放棄をしてしまう事態にはならないでいただきたいですね。本人の能力決定づけるためには、まだいろいろな理由が存在しているのですから。

【早生まれのメリット】

早生まれはとかくデメリットばかりが強調されてしまうようですが、メリットだって実は存在しているのです。もしも大学入学で浪人をしてしまったという場合でも、一学年下の人と生まれ年は同じというだけで、精神的には、それほどコンプレックスを持たないで過ごすことができます。

一方で4・5月生まれは、自分の実力よりも低いレベルの授業を受けさせられていることになってしまっているかもしれません。