5月のイベント

関東圏で5月のイベントといえば、やっぱり狙いは、ゴールデンウィークではないでしょうか。

【ザよこはまパレード】

毎年5月3日になると、あのパレードがヨコハマにやってきます。「ザよこはまパレード」は、山下公園から、赤レンガ倉庫前、して馬車道商店街を通って、イセザキ・モールへと向かう全長3.4kmに及ぶ相当なスケールです。

「ザよこはまパレード」は、1953(昭和28)年6月2日の横浜開港記念日に始まったと言われています。戦後復興が遅れていた横浜に活力を生み出そうとする気持ちによって、このような大きなパレードが誕生したと言われています。

今回も、晴天の中、横浜創英高校のダンスパフォーマンスで幕開けをしました。ヨコハマじゅうが、笑顔で溢れる瞬間です。

【銀座柳まつりゴールデンパレード】

パレードといえば、銀座だって負けてはおらず、壮大なパレードが繰り広げられているのをご存じでしょうか。銀座という街は、みなさんが想像しているよりも全然、大衆的な街だったということを思い知らされる日です。

「銀座柳まつり」は西銀座通りが、東京のシンボルロードに指定され、柳が植樹された事を記念として、こどもの日には大通り全体が歩行者天国となって様々な楽しい催しが開かれる銀座のお祭りです。

その中で、銀座ゴールデンパレードは、警視庁や東京都吹奏楽連盟による壮大なパレードや、ブラスバンド、バトントワラーのチームが行進・演奏します。

更に、よさこいや、新橋芸者・東をどり、大道芸などいろいろなイベントがおこなわれています。

【横浜港カッターレース】

ゴールデンウィークも終了して、何かとイベントも少なくなる傾向の中、横浜港カッターレースへまで、足をのばしてみてはどうでしょうか。なんとなく行ってみた人たちは、参加チームの多さに驚かされることでしょう。

横浜港カッターレースは、1985年に航海訓練所の練習帆船 「日本丸」を横浜港に保存することが決まったのを記念して、同年4月21日に横浜市港湾局の主催によって第1回目のレースが行われたということです。

艇指揮1、艇長1、漕手6の計8名が乗艇して、外に補欠2人、合計10人で1チームが、艇で風に流されないようにしながら180mのコースを往復します。

参加する人たちは水産高校、海上技術学校の現役漕艇部員や、OBチーム、職場の仲間などなどの多彩な顔ぶれです。

まさに、ここまで来れば、ヨコハマの若い人たちの生きる躍動感を感じることができるでしょう。それはちょっとした穴場のイベントです。