知っておいた方がいいコンテナの秘密

物流業界の発展進化のため、海上コンテナの存在も必要不可欠です。私達は、いままでどのような感じで海上コンテナと向きあって
来たのでしょうか。

いま、海上コンテナの歴史について知ることも大事かもしれません。

物流業界の常識を変えたもの、それは海上コンテナなのかもしれません。

海上コンテナは中古コンテナ.net

海上コンテナの存在が変えた

海上コンテナの存在が、物流業界という存在を変えた!とも言うことができます。

歴史について言えば、コンテナによる本格的な海上輸送の幕開けは、1956年アメリカのニューアーク港からと言われています。1956年というから、それほど歴史が古いということではありません。

しかし、海上コンテナの互換性&合理性によって、確実に海上輸送の世界は変わった!と言っていいでしょう。

海上コンテナは、「マルコム・マクリーン」という陸運業者によって、58個のコンテナからスタートしました。

それからかなりスピーディーに、海上コンテナの存在は世界に浸透して行くことになります。

海上輸送の世界は、海上コンテナという存在によってしっかり癒着し手と手を握り会うことになります。

海上コンテナの存在がどのような問題を解決したのか

海上コンテナの存在が解決したのは、荷役時における貨物の盗難や輸送中のダメージが多い、納期の定時性が保証されていない、荷役、運送の効率が非常に悪い……というそれぞれの問題に対してです。

海上輸送では、いままで荷役において規格化されていない貨物の積み替えをしなければならなかったから、より以上の労働力が必要だったのです。

人材もそれだけ確保出来ないかもしれないですよね。そうすれば、すぐに海上輸送のスピーディーさは、弊害を受けてしまうことでしょう。

実際にコンテナ輸送の登場から3ヵ月後には、荷役コストはおおよそ40分の1にまで激減したと言われているので、本当に海上コンテナの存在は、とてつもなく偉大!ということができるのではないでしょうか。

更にコンテナの存在は、船による海上輸送&鉄道やトラックによる陸上輸送との連携も非常にスピーディーに対応することができる方法なのです。

生産から消費をシームレスにつなぐ一貫輸送を、海上コンテナの存在だけで解決したともいうことができます。

海上輸送は、安全に &安定的に、また、効率よく、スムーズに運営されていかなければなりません。

果たして、海上コンテナの存在というものがなくて、そのような問題はどう解決すれば良かったのでしょうか。