知っておいた方がいいコンテナの秘密

輸送をおこなっているものは「海上輸送」だけでなく、「航空輸送」もです。あなたは輸送とは、海上輸送で向きあうのでしょうか。それも航空輸送でしょうか。

たいへんおおまかないい方をすれば、リーズナブル料金でというのなら選択肢は海上輸送であり、スピーディーに……というのなら選択肢は航空輸送です。

輸送コンテナなら

海上輸送と航空輸送 時間的にはどうか

海上輸送と航空輸送、時間的に見れば、海上輸送の選択肢の場合、
かなり時間がかかってしまうと考えるべきです。日本~中国というの距離なら、10日あたり時間がかかります。

日本~ヨーロッパあたりの海上輸送であれば、一ヶ月程度時間をみておく必要があります。

また航空輸送という選択肢では、1日~1週間程度で、どのようなエリアでも輸送を行うことができます。

海上輸送と航空輸送 大きさと重さとコスト

次は、海上輸送と航空輸送の大きさと重さとコストの問題です。海上輸送の選択肢は、大きいモノ、重たいモノはお任せください。

海上輸送の選択肢の場合、荷主は単独でコンテナを占有することが可能な「FCL」という選択肢があります。また、他の荷主とシェアする合理的発想の「LCL」を選ぶことができます。

LCLを選択した場合、
料金プランは、1RTでの設定です。どんなに小さい貨物でも1m3または、1トンとみなされ、重さ・体積の大きい方が適用されます。

航空輸送の選択肢の場合、スペース空間はどうしても海上輸送と比較して、狭いデメリットがありますね。料金プランに対して、より細かい設定があります。

また1RTに達することができない貨物の依頼の場合、航空輸送の方がリーズナブルというケースも出てくる可能性があります。

フォワーダーに頼んで輸出入を手配

貨物が数十キロというケースでは、フォワーダーに依頼し、輸出・入を手配というよりは、EMS(国際スピード便)、またクーリエ便(DHL・Fedexなど国際宅配業者)の活用という選択肢についても考えてみてはいかがでしょうか。

ただし基本、海上輸送か航空輸送かということを考える場合、まずフォワーダーにチェックというモチベーションが正しいです。海上輸送と航空輸送の選択肢は、コストだけの問題ではなくて、期間に対しても重大な問題を抱えているでしょうし、またその貨物がどのような貨物なのか、しっかり性質についても考えて総合的な判断をしなければならない
でしょう。

フォワーダーとは、自らは輸送手段を持たないで、船舶・航空機・トラック・JRを利用、荷主と直接的契約をして貨物輸送を行う事業者のことです。