知っておいた方がいいコンテナの秘密

今回、お話しすることは、海上保険、貨物保険についてです。私達は、海上輸送と向きあうにあたり、しっかりこのあたりの問題も抑えておかなければならないでしょう。

海上コンテナはここがおすすめ

貨物保険とはどのようなものを言うのか

さて、貨物保険というのはどのような保険について言うのでしょうか。貨物保険とは、メインとして、海路で船舶を利用して貨物を輸送している最中、ひょっとしたら貨物が、予期しないトラブルに見舞われて多大な損害を受けてしまうことがあります。

そのようなケースでは、貨物保険に加入があれば、損害額を補償してもらうことができます。

外航貨物海上保険 内航貨物海上保険

運送地域やルートによって、いろいろ名前が違っていたりもします。日本と海外を海路や陸路、空路を使用するというケースでは、「外航貨物海上保険」といういい方をします。

国内のある港から港へ海路で貨物を輸送というケースでは、「内航貨物海上保険」です。

海上保険の必要性

日本について考えるのなら、日本は海に囲まれている島国であり、活発に海上輸送が行われています。もちろんそれだけトラブルもつきまとわれているということができます。

もしも海上保険という発想がないのなら、本当に私達はどれだけ損害を受けてしまうことになるのでしょうか。

そのような問題とは、海上輸送に関わる方々は、最初からしっかり向き合い意識する必要があります。

ズバリ貨物保険とは、海路で船を使用して運ぶ貨物に対してかかる保険のこと!です。

基本的な補償内容

貨物保険は、名称からして、海上輸送にだけかかる保険という思い方をする人たちもいるかもしれませんが、条件次第では、航空輸送も対象とすることができます。

陸上輸送という場合もあり得るでしょう。

貨物輸送に対して、船の沈没、座礁、航空機火災、航海中の海水・雨水が浸入したケース、積み下ろし時の貨物破損……などなど本当に様々なトラブルを想定することができます。

国内であれば、まだいいとしても、海外と向きあう場合には、期間も長くなり、相当リスクも高くなると見ていいでしょう。

輸送中・保管中において、貨物の損害を何がカバーしてくれるのかと言えば、やっぱり保険以外何ものでもないということになります。

海上輸送に対して、安心感をもたらしてくれるもの、それが貨物保険です。

貨物保険の内容は世界共通で使用される「協会貨物約款」の保険条件に従い決定されています。

ICC(Institute Cargo Clauses)には、3つの基本条件があり、それに従って保険金の支払いがされます。