知っておいた方がいいコンテナの秘密

海上コンテナ輸送が、しっかり業務を遂行しているから、私達の日常生活がスムーズに営まれているといういい方もしていいでしょう。

それほどまでに海上コンテナ輸送は、私達の生活のいわば、「縁の下の力持ち的存在」なのです。

さて、この海上コンテナ輸送とは一体どのような仕事でしょうか。今回ここでは、海上コンテナ輸送の仕事について深堀します。

海上コンテナ輸送の仕事

海上コンテナ輸送の仕事は、あなたが想像している以上、大変な仕事です。なんで、海上コンテナ輸送の仕事が大変なのかもここで知るべきではないでしょうか。

海上コンテナ輸送は、トラックドライバー業よりもハードで忙しい仕事です。だいたい、”海上コンテナ輸送”という名前から仕事の内容はほぼ想像はつくかもしれませんが、それは国内で流通している海上コンテナを運搬するドライバーの仕事です。

運搬ドライバーと海上コンテナ輸送ドライバーは違い、敢えて海上コンテナを輸送する仕事です。

ここには、手摘みという作業を省くことができ、運転がメインの仕事です。

それでは、海上コンテナ輸送の方が楽と思えてしまう訳ですが、なんで海上コンテナ輸送がハードと言われているのでしょうか。

海上コンテナ輸送がハードと言われる理由

なんで海上コンテナ輸送がハードと言われているかですが、まずひとつの理由として、待ち時間が長いからハードと言われています。

海上コンテナ輸送の仕事は、大きな海上コンテナの受け渡しです。通常の配送ドライバーであれば、目的地にたどり着いたとき、自分でせっせと荷物を運べば仕事はスピーディーに終了させることができるでしょう。

やっぱり、モノがモノだけに海上コンテナ輸送の場合は、引き渡しまでの時間が相当かかり、簡単に完了という訳にはいかないのです。

そして、海上コンテナ輸送には、専門用語がやたら飛び交っていたりし、ハードだと感じてしまう人たちも多いです。

「EIR」、「AS IS」、「カット日」、更に「PES」「バース」「TEU」……、こんな難しい用語が、海上コンテナ輸送の世界ではごくごく当たり前に飛び出して来てしまうのも、海上コンテナ輸送がワールドワイドの共通認識のもと成り立つ世界であるからです。

無線でのやりとりやコンテナの受け渡しでも頻繁に専門用語は登場します。このような用語をまずマスターしなければ、まず海上コンテナ輸送の仕事に関わることができないでしょう。

また、海上コンテナ輸送の場合、免許の取得にお金や時間もかかったりもします。また免許取得には、大型とけん引が必須です。